一生残る思い出の写真はプロに任せて撮影を

写真館

昔からの写真館の存在意義

写真館は昔から街に必ず一軒はあり、誰もが一度はお世話になった事があるものである。七五三・成人式・結婚式など人生の節目でその記録をしっかりと残す為、行事の一環として利用されてきた。またお店と地域住民の距離も近く、何気ない時に気軽に撮影をしてそれが忘れられない思い出となる事も多かった。カメラの前では素の自分が出てしまうので、カメラマンの方には隠し事ができず、自分の成長を見守ってくれている保護者のような存在にも感じる部分があっただろう。写真館はただ写真を撮ってくれるお店ではなく、家族の成長を共に感じ、見守ってくれる家族と同等かそれ以上の唯一無二の存在であり、私たちの生活において必要不可欠な存在であった。

現在と今後の展望について

現在は記録メディアツールも増え、写真館を利用しなくても自分たちで綺麗な写真が撮れるようになっている。修正なども手軽であるので、保存しずらい写真は敬遠される事もある。また、わざわざ店舗に行って撮ってもらう事も面倒に感じる人もいるだろう。しかし、現在の写真館には他では得られない魅力がある。昔からある人生の節目においての記録はより多くの衣装や小道具で華やかに彩る事ができる。また、日常には無い絵本の世界やアニメの世界を再現したシチュエーションを作り撮影する事もできるようになっている。ペットも家族の一員と考え、一緒に撮れるような企画も豊富である。プロに撮られる緊張した顔、プロにしか出せないリラックスした顔など自分達では出せない被写体の魅力を引き出す事が出来るようになっている。今後も今まで持っていた魅力はそのままに、様々なサービスが生まれ、私達に必要な存在としてあり続けるであろう。